スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

みちのく紅葉巡り編④ ~弘前城と白神山地の夢咲案内人~

11月3日、青森旅行もついに最終日となった。

 今日の予定は、白神山地の一角にある津軽国定公園の十二湖でブナの黄葉を鑑賞。
 3年前に知り合った十二湖ガイドさんと1年ぶりの再会。

 1年前の秋、今日のこの日にこの地にまた来ることを約束したのだった。

 この3日間のドタバタ ー秋田で冷たい目にあって、八幡平でダケカンバを見ながらオペラを聴いて、小岩井農場で20年前の記憶と対面し、夏泊で再会し、未来の日本を危惧して、蔦沼で森に還り、奥入瀬~十和田湖で太陽を追いかけてー それらは、すべてこの11月3日の約束から始まったことなのである。

 元気かなぁ。

 さて、十二湖に向かう前に、少し早起きして、弘前城公園へ向かう。朝の弘前城は夏泊で会った肥後氏のオススメである。

 今、桜の紅葉が綺麗だからね、十二湖に行く前に立ち寄るといいよ。











 正直言うと、弘前城公園は端折(はしょ)るつもりだった。毎年青森に来るたびに寄っているので、今回はいいかな、という感じだ。もう飽きるほど見ている。知り尽くしたつもりでいたのである。

 ところが、知り尽くすどころか、こちらも1年ぶりの弘前公園は、すっかり土地勘を失って、はじめ自分が今どこにいるのか、どこへ向かっているのか、さっぱりわからない。

 意外だった。始めから妙だった。カーナビで弘前城を目的地にすると、キューブは西の郭の工業高校口に到着したのである。そこからして予想外だ。てっきり私は、弘前城の正面玄関である追手門(おおてもん)か、天守に一番近い東門の前あたりに到着するものだと思っていたのである。

 西濠は、私のブログやTwitterで、トレードマークにしている絵の場所である。その真ん前に着いたからには、まず西濠から見てやろうか、とも思ったが、思い直して、天守へ向かう。

 私の中では弘前城公園の主役はやはり天守なのである。初代津軽藩主の為信が津軽地方統一の暁に築城を決意した城である。現在の天守は3重3階層塔型構造で江戸時代に建築されたものであるが、現存する天守としては東北地方唯一、全国の城郭天守の中でも「現存12天守」に含まれる代表的なものである。小さい城だが、あの白亜の城が城内の2600本の桜に囲まれる景色を見るのが好きであった。

 ところがその大好きな、天守の方向(正確に言うと天守に向かう道の方向)が怪しいのである。まさか。ありえない。…

最新の投稿

「命を張ってでも横浜を守る」、横浜カジノ候補地、山下ふ頭を見てきました。

ネタバレ「天気の子」、このセカイよりも君が大事という仰天映画を見た。

「あの鐘」を聞きながら。〜臓器を売り続ける日本を思う〜