スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

功徳としての写真。 ~私の小さな旅がくれたもの~

ここ1週間くらい、死について考えていた。
 取引先の締め日の都合もあって、仕事が立て込んでいたのである。集中力を持続させて、やってもやっても終わらない仕事を抱えて、次第に思考力が鈍ってきた。
 頭の奥がぎゅっと締めつけられたように感じられるのである。
 前の会社とその前の会社を辞める決意をした時と同じ症状だった。
 仕事量が限界を超えたときに、この思考力の低下を感じて、リタイアした。
 畏れているのは、くも膜下出血である。祖母と母が同じ病で倒れている。親族がくも膜下出血に侵された場合、大抵自分もかかる確率が多いと聞く。 
 そして、私は、一定の時間に集中して仕事をこなし、あとは緊張を緩めての、そのペースを作ることで効率よく仕事をするたちで、まるでずっと集中しっぱなしだと、てんでだめなのである。
 思うように仕事ができないいら立ちと、くも膜下出血への恐れが、私を追い詰めていた。
 脳を休めるには睡眠が効果があるようだ。(母もくも膜下出血にかかる前、寝てばかりいた)私は睡眠時間を増やすように努めたが、それでも頭の芯が硬直したような状態は変わらなかった。
 ふっと倒れて死んじゃったりして、と半ば冗談として、半ば本気で考えながら、たとえ死んでも悔いはないな、と考えていた。
 ただし、もしも私が死んだら。

 一瞬たりとも、一人ではいられない、さみしがり屋の友達が哀しむだろうな、と感じていた。





 秋が訪れた。
 すっかり寒く感じられた中秋の名月の夜、彼岸花が綺麗に咲いているという情報を聞きつけて、いてもたってもいられなくなった。
 雨上がりの土曜日、私はいつものようにカメラと三脚を抱えて、北鎌倉へと向かっていく。
 向かうは、萩の綺麗な海蔵寺と、同じく萩とそして彼岸花が群生する浄光明寺である。
 朝一番で出かけたかったのに、やはり頭痛で起きれなかった。おかげで、休日だというのに、またしても時間に追われている、というより化け物に追いかけられているような焦燥感。
 焦りと不安で追い詰められながら、必死に乗り越える道を模索する。
 この壁を超えないと、次にいけない。
 今までの仕事の仕方を変えること、山登りで言えば、速筋を使わずに持久力のある遅筋を使うように、長時間の労働に耐えられるように改造すること。
 時間を浪費しないこと。体力を失わないように、食べるものにより注意を払うこ…

最新の投稿

怪談・キャッチャー・イン・ザ・ライの蜻蛉たち 〜水事業という化け物と終戦記念日の靖国神社〜

幸せの黄色いひまわり・2017年度版 〜座間の豊かな水をめぐる往復1時間のひまわり散歩コースをご紹介〜