スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

人生のセーフティネットとしての山 〜6年目の週末の仙人峠と霞露嶽登山〜

釜石と遠野の分水嶺、標高887mの仙人峠は、古来より、交通の難所であった。

 頂上から釜石側の大橋集落までは『三閉伊路程記』に「九拾九曲と云」とあるように、約4kmの急なくだり坂になっている。

 この難所を克服するために、これまで、先人たちはさまざまな努力を重ねてきた。

(第16回釜石し有形文化財公開事業 仙人峠道路開通1周年記念 釜石街道を行くより抜粋)



 仙人峠に行ってきた。仙人峠というのは冒頭にも引用したように、奈良時代の古から交通の難所である。ここを通らないと、東北沿岸部の海産物や金や鉄、桧等の建材といった貴重な資源が手に入らない。だが、易々と通れない。朝廷による東北征討が一番最後になったのも、釜石地域の交通が難関であったことが挙げられる。江戸時代になると、釜石街道沿いで鉱山開発が始まり、仙人峠越えはますます重要な課題となった。徳川家康の命により各藩での街道整備が始まった。明治時代には13年に日本で3番目の(釜石)鉄道の運行が始まった(が、わずか2年半で操業中止)。明治20年からは荷馬車、馬車鉄道の整備が始まり(43年の法改正で撤去)そして44年に岩手軽便鉄道が開通する。だが、仙人峠越えは荷物のみ、人々は徒歩や駕籠による峠越えだった。昭和11年、岩手軽便鉄道が国有化され、釜石線となるも、軽便鉄道時と変わらず仙人峠越えは荷物のみ(鉄索鉄道を利用)、人々は徒歩で3時間かけて大橋駅〜仙人峠駅まで峠越えをしたという。敗戦後は昭和25年に釜石線が開通し(国鉄が総力を挙げて取り組んだ最初の工事だった)、徒歩による仙人峠越えはやっと終焉を遂げたが、東京まで3日もかかる道のりである、鮮魚の輸送が厳しかった。漁業の意義が生かせない。自動車が超えられない、という問題もあった。そこで昭和27年、仙人トンネルの工事が始まり、昭和34年、東北初の有料道路として自動車道路が開通した。長年の苦労を経て、人々が仙人峠を易々と通れるようになった瞬間である。

 現在では、仙人峠は新奥の細道として整備されており、今回の楽しいトレッキングとなった。
 峠の真下の仙人トンネル(283号仙人道路)は旧道となり、現在は交通量がめっきり少なくなった。平成15年に新仙人トンネルが完成し、仙人峠道路は全く新しい道に変わったからだ。だが、そのおかげで、旧道は景勝地、ウォーキングに史跡めぐりといった、新しい…

最新の投稿

怪談・キャッチャー・イン・ザ・ライの蜻蛉たち 〜水事業という化け物と終戦記念日の靖国神社〜

幸せの黄色いひまわり・2017年度版 〜座間の豊かな水をめぐる往復1時間のひまわり散歩コースをご紹介〜