スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

人間は考える葦である。

人間は自然の前では葦のごとく無力な存在だが、それを知っている限り偉大である。
 そうパスカルが言ったのだそうだ。
 Penseeを読みたくて、本屋を2軒回った。
 3件目は行っても無駄だと思われて、引き返した。
 初めからamazonで買うべきだった。

 本来、人間は愛に満ちたイキモノである。というか、そもそも怠け者で、放っておけば食っちゃ寝て、他人と遊んで、笑って、それで満足してしまうので、自分たちが生きやすい楽園的秩序を作り上げてしまう。
 それでは、ちょっとだけ困る者たちが、人間に憎しみと競争心を植え付ける。
 「弱肉強食のエゴイズムの秩序」なるものが、そこに生み出されて、そして人間を管理しやすくなるのだそうだ。
 この「困る者たち」のことを見識のあるものは「〇〇ペンタゴン」だとか、「闇の支配者」だとか、「〇〇ロビー」だとか、実に様々な呼び方をする。
 それとは別に、私はネットに巣食う魔物のことを考えていた。
 彼らはインターネットを通して自己表現をしようとするものに、様々な悪戯を仕掛けるので、私はその可愛らしさから、彼らのことを「コロボックル」=「妖精」と呼んでいた。
 なぜ唐突にこんな話をするかと言えば、私と同じようにコロボックルを見える者のブログを読んだのだ。で、私は、この妖精の悪戯にあっているのは私一人ではなく、もしかしてネット社会の深淵を知るものの暗黙の了解なのではないかと思い始めた。
 なんだ、何も特別ではなかったのだ。誰にでも見えるものかもしれない。
 偶然見つけた「同類」は、思わずそう納得させるだけの、巧みな言葉と論理を以て、幻想を描き出していた。私はその知識と語彙の多さ、巧みさに舌を巻きながら、ああ、人間って「説明できないことなどないんだな」と感心したわけだった。100%信じてもらえない体験をしても、他者に理解できるように言葉にすることは可能なわけだ。
 しかし、感心すると同時に、私はある種の苛立ちを覚えて、もどかしくて仕方がない。
 「同類」は「困る者たち」、競争原理の秩序を以て人間を管理しようとする支配者と、このコロボックルを同列においているのであった。
 もちろん、彼は妖精などとは思っていない。「ストーカー」という言い方をしていたと思う。支配者の使い、回し者のような書かれ方をしていた。
 多くの見識者が認識する超人的な支配者と、ネ…

最新の投稿

怪談・キャッチャー・イン・ザ・ライの蜻蛉たち 〜水事業という化け物と終戦記念日の靖国神社〜

幸せの黄色いひまわり・2017年度版 〜座間の豊かな水をめぐる往復1時間のひまわり散歩コースをご紹介〜