スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

ガーッ、ペッ!おじさんはマムシか蚊トンボにでも生まれ変わってしまえ。

私は道ばたに唾を吐く男の人が大嫌いである。  ガーッ、ペッ!  あの奇声を耳にすると、悪寒が走るほどである。  なぜ、ティッシュか、ないならハンカチか、それもないなら自分の手のひらに吐き出さないのか。公共の道に白い唾の泡、もしくは黄色い痰を吐き出して、その上をもし次に歩いてきた私が踏んづけたらどうしてくれると言うのか。想像するとぞっとする。自分の一瞬の不快感を取り除くためなら他は何も考えない、身勝手極まりない人間に思えてくるのだった。  ところがある日、最愛の彼氏と楽しく町をデートしていたとき、彼が、ガーッ!ペッ!とのたまったのである。  私はぎょっとして横をみた。彼は道端に自分の一部を吐き捨てて、涼しい顔をしている。  父親も同じだった。幼い頃から父と出かけるときは車が多かったので、気が付かなかったのだが、これもぎょっとしたものだ。年老いた昨今、父と歩く機会が増えて、彼のガーッ、ペッ!を目の当たりにしてしまったと言うわけである。  もちろん彼氏も父親も、彼らのそれだけではない違う側面(尊敬できる一面、私は自分を棚に上げて自分よりも精神レベルの高い人格者的な男が好きである)を知っているので、「道に唾を吐いた=幻滅=即嫌いになる」と言った簡単な図式にはならなかった。だけどずいぶんがっかりさせられたものだ。  この事実と、それから長年「ガーッ、ペッ!」おじさんを見続けた経験から判断すると、男の人はある年齢に達すると、誰でも喉に痰が絡まりやすく、それは生理的な現象で、もちろんそんな彼らがテッシュやハンカチを几帳面に持ち歩くわけもなく、またそうした男特有の生態に反したやからではない限り、だれしも必ず道ばたに唾を吐く生き物だと言うことである。  人間社会で人格者だとか思慮深いとかそう思われていても、お金持ちであっても、それは関係なく、頭の良さにも関係なく、彼らはガーッ、ペッ!を発するのだ。  問題は、すでに、発するか発しないかではなく、どのように発するか、にかかっている。  どれだけ上品にスマートに、ガーッ、ペッ!が出きるか、なのだ。ここで、私が見た最悪の、ガーッ、ペッ!を紹介したいと思う。



 画像・江ノ島の海(文章とは無関係です)
 ある日のことだった。夕刻、会社帰りに私は駅の構内付近にいた。最近ホームや構内は禁煙なので、改札の横の、構内から外れた、一般歩道の脇で、一…

最新の投稿

怪談・キャッチャー・イン・ザ・ライの蜻蛉たち 〜水事業という化け物と終戦記念日の靖国神社〜

幸せの黄色いひまわり・2017年度版 〜座間の豊かな水をめぐる往復1時間のひまわり散歩コースをご紹介〜